暮らしの情報と、のんびり気ままにBCL&ラジオライフ !!

日々の暮らしの中で見つけた情報やラジオを聞く事に楽しみを感じる方、趣味としての(BCL)情報交換の場です。いろんな情報交換をしてみたいと思います。コメントをお待ちいたしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

念願のApex Radio の「303 WA-2」到着 ! !

しばらく欠品中だった為、予約待ちの状態で「まだか、まだか」と待ちわびていたApex Radio社の長中短波用パッシブ型受信アンテナ「303WA-2」がようやく出荷再開になり、Amazonや楽天市場で注文受付になりました。

このアンテナのコネクタは、私の所有する「icom IC-R75」との接続には変換プラグが必要なため、今回はAmazonではなく、変換コネクタが安かった楽天市場の「Apex Radio」のページに直接注文し昨日「303WA-2」を手に入れる事ができました。本日、休日だったので早速「第一電波工業株式会社製のD-190」を取り外し、ヤフオクに出品し、代わりに「303WA-2」を設置しました。

BCL用アンテナ

これまで使用してきた、外部アンテナである第一電波工業株式会社製の「固定局用スーパーディスコーンアンテナD190」は、航空無線や漁業無線、消防・鉄道無線、灯台放送などの特殊な業務無線には広帯域無指向性で威力を発揮し、アマチュア無線などの送信などもできる万能アンテナだとは思いますが、私の本来の目的である、BCL/短波放送受信には、受信適応周波数が少々ずれていた為、待ちわびていたApex Radio社の長中短波用パッシブ型受信アンテナ「303WA-2」を実際に試してみると、その威力の凄さに驚かされました。ラジオ受信用に設計されているだけあって、その感度は「D109」よりはるかにはっきりとラジオ局をとらえます。雑音もかなり少ない様に思います。

303WA2-2

全長が非常に長い為、当方の自宅のベランダの手すりでは屋根に引っ掛かり垂直に設置が難しかったので、斜めに傾け屋根と屋根の隙間からアンテナが突き抜ける様にしました。BCLの先輩方からおすすめの評判通りの外部アンテナでした。少々、回り道をしましたが今後もこのアンテナとリグでBCLを楽しみたいと思います。

303WA2-3


テーマ:BCL - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新しい受信機購入しました。

眼の調子も順調に回復し、執刀医の先生にも車の運転をしても良いと言う許可を頂けましたので大阪まで阪和道→阪神高速を乗り継いで大阪の電気屋街で昔から有名な日本橋まで行ってきました。

増税前に通信機型の受信機が欲しいとかねてから思っていたので、先日「でんでんタウン」にある某無線ショップでとうとう新しいリグを購入してしまいました。

機種は、BCLの諸先輩方の多くが使用されているアイコムの「IC-R75」という機種です。眼を患っている私には周波数表示が橙色に明るくて大きく、各ボタン操作もこのクラスの受信機にしては大きいので扱いやすいです。

IC-R75

アンテナは本当は短波受信用の「ApexRadio社製」の「303WA-2」という欲しいものがあったのですが、電気屋街の無線ショップをすべて聞いてみても現在在庫を持っていないと言われてしまったので、いつもの某無線ショップにて格安で「第一電波工業社製」の「ダイヤモンド固定局用スーパーディスコーンアンテナ D190」というものを購入しました。端子コネクタはM型でしたので変換コネクタは不用でしたが、受信周波数100~1500MHzの広帯域無指向性アンテナでしたので、ちょっと短波受信用には無理がありそうです。実際に受信しますと、短波局も良好に入ってきますが。。。

アンテナの組み立てと設置にはそれほど時間がかからず簡単だったのですが、設置場所がどこにするかが迷ってしまい、放送局の受信状況を見ながら最終的には、障害物が少ない私の部屋の西側の手すりに設置しました。景色は良いのですがもう少し広いベランダがあれば、高さも確保できるのですが小さな手すりしかないので我慢することとします。

ディスコーンアンテナ-1 ディスコーンアンテナ-2

季節が良くなってきましたので少しずつBCLの方も時間を割いていこうと思います。
では、また。。。


テーマ:BCL - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:2 | トラックバック:0 |

BCL ( ありがとう ! ! DEGEN  DE-1103 )

DE-1103

ここ数年、私の所有するBCLラジオも増え続け、それぞれの使用回数も減ってきてしまっている状態でしたので性能チェックもあまりできなくなってました。

少し前は、National/Panasonic の「クーガー101」をヤフーオークションで落札して頂き次のオーナー様の元に行きましたが今度は、中国DEGEN社製の「DE-1103」をついに手放す事とし、先日ヤフーオークションで無事、落札されました。本日、落札者様の元に発送します。何か複雑な心境です。

このラジオは、BCLの方々の間で中国製ラジオにしては、今現在、私も所有しているSONYの「ICF-SW7600GR」と同様、いやそれ以上に感度が良いという評判を聞いて、私もやはり実際に入手して聴いてみたいとこのBlogを立ち上げてすぐヤフーオークションで新品を入手した事が始まりでした。

噂どおりこのラジオのおかげで数々の主要な国際局、ローカルな珍局も受信することができ、QSLカードもずいぶん増えました。QSLカードの裏面の受信機の項目には「DE-1103」と記載されているカードが多いです。そのカード一枚一枚を見る度に「あ、この時の受信はむずかしかったなぁ~」とか「この局を受信できるとは思えんかった」と思い出が甦ります。

精密な電化製品は、どんなに検査し出荷されても時として当たり外れが出てしまう事が多いです。しかし、私の所有したこの機種は、中国製でありながら受信機能に関しては現在も入手当時の感度を保っているので、手放す事は非常に辛いのですが、周波数表示に関して不具合が出てしまっています。すなわちデジタル表示が、本来一番感度の良い周波数であるべき表示から+2kHzほどずれて表示するようになりました。こういう機械的な不具合に関して私は、全く弱いのでメンテナンスできる方に使用して頂くほうが宜しいのではという結論に至りました。

既に短波放送を廃止した放送局も多くなっていますが、そういった放送局を含め、今まで楽しませてくれたこのラジオに感謝したいと思います。「さようなら!!DE-1103」

テーマ:BCL - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:0 | トラックバック:0 |

BCL ( もう1台「ポチ」ってしまいました ! ! )

ICF-SW7600GR
先日の「National RF-2800」に続き、もう1台「SONY ICF-SW7600GR」(北米向け並行輸入品)をヤフオクでポチってしまいました。

今から20年ほど前にこのSONY の機種の前身機種である「ICF-SW7600」を使用していたことがあり、大切にしていたのですが数年前に本体と外部電源(アダプター)の差し込み口接続部の接触不良から、やはりヤフオクにて売りさばいてしまった経緯があります。
ICF-SW7600

手持ちの中国製「DE-1103」も周波数の表示ズレが起きてきており、いつ故障するかもしれないし、手放すかも知れないので予備に購入しておきました。並行輸入品ですので国内向け商品と本体自体は同じですが付属品が省略されている為、格安でした。

前身機種の「ICF-SW7600」の操作で慣れていますので、操作にあまり困る事はないのですが、並行輸入品で国内向け商品とは違い、取り扱い説明書が外国語でしたので、ネットにて日本語マニュアルをダウンロードして早速、使い始めています。

また、時々受信ログに登場するかと思いますが受信状況を御報告していきたいと思います。
では、今回はこの辺で。。。


テーマ:BCL - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:0 | トラックバック:0 |

BCL ( さようなら。。。クーガー101【RF-1010】 )

クーガー

先日、我が家に到着したBCLラジオ National製の「PROCCD 2800」に代わり、これまで中国製のDEGEN製「DE-1103」と一緒に活躍してきた同じくNational製の「クーガー101【RF-1010】」を入れ替える事となりました。

クーガー101

入手した時と同じ「ヤフーオークション(通称ヤフオク)」にて無事落札され、次のオーナー様が確定され嫁に出す事となりました。このBlog の先代の看板写真になっていてくれた機種ですので複雑な心境です。

これまでオークションなどでいろんな同機種を見てきましても自分が手にしたこの機種は約30年あまり経過した機種とは思えないほどきれいな状態を保っており、大変状態が良かったのでもったいない気はしたのですが、デジタル直読機を使用していますと、どうしてもその便利さがやみつきになりアナログ選局機の使用回数が減ってきていました。

それにボリームを動かしたり、バンド切り替えスイッチを動かしたりしても接触不良による「ガリ」音がひどくなってきていることから使用していなくても部品の劣化が進みますので、どなたかに毎日ご使用頂いたほうがラジオにとっても幸せだろうと思い、今回決心致しました。

今まで、大きなスピーカーで良いリスニングをさせてくれた「クーガー101【RF-1010】」に心から感謝したいと思います。そして次のオーナー様のもとで更に活躍してくれる事を願っております。今まで、ありがとう。。。「クーガー101 」

では、今回はこの辺で。。。

テーマ:BCL - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:0 | トラックバック:0 |

BCL ( 憧れの機種が本日到着しました ! ! )

PROCEED 2800 (看板用)

皆様、こんばんは。

昨日の記事で予告していました、私の憧れのBCLラジオ National製の「PROCCD 2800」が本日無事自宅に届きましたので早速部屋に設置し、あれこれいじっております。(嬉)

Blogでいつもお世話になっている「TSUYOSHI 様」にも約2~3年前にこの機種で良い機種が見つかったら入手したいと思っている事をご報告していましたが、やっとこの度ご報告できます。

私が中学生だった頃、あまりに高価だった(当時の価格で確か49800円だったと思います)のでラジカセでしかBCLを楽しめず、周りの友人もNationalクーガー2200やSONYスカイセンサー5900は持っていてもこの赤いデジタル表示のPROCCD 2800を持っていた者はおらず、いつも雑誌の宣伝を目にしてはため息をついていたものでした。

その念願の機種を目の前にして触る事ができるのは本当に嬉しくて、今まで思い続けてきた事がやっと叶い感無量です。今夜は、少し興奮気味です。

到着した実機は外装の汚れや傷も大変少なく、きっちりメンテナンスや掃除がされているのか、箱から取り出した時は使用感がなく新品と見間違えるようでした。肝心の受信感度も当方が田舎のせいかも知れないですが、FM/AM/SWの全バンドこの時間ではバンバン各放送局が入感してきており、30数年たった受信性能の衰えを感じさせません。

電池室の腐食もなくロッドアンテナも真っ直ぐ自立し、赤い周波数インジケータ-ランプもしっかり表示してくれています。各つまみ類のガリ・接触不良も今のところ全く無しです。

中古品ではこの機種によく発生しているという不具合のチューニングつまみの「キーキー音」も全くなく、きっちりグリスアップされているものと思われます。総合的に見て良い買い物だったと出品者の方に感謝しております。

本当は、SWの他にAMやFMまでも全て緑色にデジタル表示される、後継気種の「PROCCD 2600」と迷っていたのですが、噂では故障が多いそうですのでこちらの機種に決まった次第です。

これを機に少しずつBCLの再開も行っていきたいと考えております。ただ、メカニックの事に関しては全くの素人ですので、不具合が起こった場合の良心的な修理業者様をご存知でしたら、ご教示頂ければと思います。どうか皆様、宜しくお願いしておきます。

それでは、今回はこの辺で。。。


テーマ:BCL - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:0 | トラックバック:0 |

BCL ( 想い始めて何年越しか、やっと入手できそうです。)

皆様、こんにちは。
すっかり、Blog更新をサボってしまっている私ですが、皆様は元気でお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?

最近BCL活動を、ほとんど行っていませんでしたので今日は久し振りに私用での外出を控え、お盆も近いということで午前中の涼しい時間帯の間に母親と自宅から少し離れた高台にある墓地まで墓掃除に行ってきました。皆様は、お盆休みなどはおありなのでしょうか?私は、相変わらず仕事で通常のシフトによる休日のみです。

今日は、墓掃除の後、久し振りに「KBS-WR」の英語放送を録音しておきましたがまだ聴いておりません。最近気分を変えたいと思い、昨日、長年の夢であったNational/Panasonic製のBCLラジオ「PROCEED 2800」(関連記事のリンク⇒こちら)をヤフオクにて入札し、無事落札できました。思い始めて3年から4年は経っていると思いますが、「この機種なら。。。!」と思うものがなかったのでなかなか入札まで踏み切れませんでしたが今回やっと決心しました。でも、到着後の不具合がないか不安ですね!何ともなく正常動作を祈るばかりです。

また、到着しましたら点検し、こちらに御紹介してみたいと思います。
それでは、今回はこの辺で。。。


テーマ:BCL - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:0 | トラックバック:0 |

BCL ( SANYO ICR-B001M が新加入 )

SANYO-ICR-B001M-1

以前から使用していたICレコーダーは、SANYO製とOLYMPUS製の2台所有しており、それぞれ良い面と悪い面を持ち合わせていました。

SANYO-ICR-B001M-2

ヤフオクでかなり以前に落札しBCLを復活した頃から使用してきたSANYO製の「ICR-S240RM」はUSB端子が回転し、すぐにPCと接続でき音質も良好なので重宝していましたが、容量が少ない為PCにデータを移行した後すぐにファイルを消去しなければなりませんでした。

次に上新電機の改装閉店セールで非常に安価に入手できたOLYMPUS製の「Voice-Trek V-65」もUSB端子が直付けですぐにPCと接続でき、ボディカラーも限定販売のメタリックブルーでオシャレであり、その上容量も多いので録音時間を気にしなくても良かったのですが、肝心の音質がSANYO製のレコーダーに比べますとあまりにもお粗末で聞くに堪えがたいものでした。

そこで今回、狙っていましたのは雑誌「BCLライフ2011年版」の中で「月刊 短波」の執筆で知られている偉大な「赤林 隆仁 氏」が記事を書かれたコーナー「コアな受信システムを考える」という記事の中でP.132で紹介されていたICレコーダーでやはりSANYO製の「ICR-B001M」という機種を無事ヤフオクにて安価に落札できました。最近のICレコーダーでは珍しくない機能ですが、この機種も本体の中にSDカードスロットがありそのSDカードにデータを保存する型式になっておりカードの交換を行えばカードごとにジャンルを整理できる仕組みになっています。

昨日、無事落札品が出品者から到着しましたので、外観チェックと動作確認をしましたところ非常に美品で機能も全く問題なく、しかも非常に安価に入手出来ましたので満足な買い物が出来ました。この機種は先に紹介させて頂いた2機種のそれぞれ良い部分を持ち合わせており、しかもタイマー録音もできるので今後の私のログ起こしの主流機種になりそうな気配です。またこれを活用し、Blog記事更新にも役立てたいと思います。

SANYO-ICR-B001M-3

参考までに「BCLライフ2011年版」の紹介記事もアップしておきます。皆様のご検討の参考になれば幸いに存じます。

テーマ:BCL - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:0 | トラックバック:0 |

誕生日だから。。。

ICレコーダー

スマートフォン

今日で、また歳を取ってしまいました。48回目の誕生日です。
毎年、歳を取るのが早いですなぁ~!

昨年から今年は、自分の生活の中でも嫌な出来事が多く、悶々とした日々を過ごして食事もカップラーメンを多用するぐらい節約もしてきましたので、自分へのご褒美と生活への刺激を与える為(勝手に理由をつけています)に以前から買い替えを検討していた「ICレコーダー」と3年間使用してきた携帯電話を「スマートフォン」に本日買い換えました。

「ICレコーダー」については、ヤフオクで落札した中古のSANYO製のものからOLYMPUS製にしまして、録音時間も大幅に拡大できるようになりました。近くの家電量販店が改装の為店じまい売りつくしセールをやっていましたので、¥5000台の値札でしたのでAmazonと比較しても安いので完全な衝動買いでした。

一つ欠点は、コードを接続しての録音はラジオとの距離を離さないと手で触るとノイズが多くなってしまう事です。古いSANYO製のほうがノイズに関しては少ないので、放送局の電波の強さで使い分けなくてはなりません。

携帯電話に関しては、ずっとSHARP製で旅行した時など旅先での「ワンセグ受信」でTV局の視聴報告書作製など度々活躍してくれていた機種で名残惜しいのですが、時代の流れに沿って今度はワンセグ無しの富士通製スマートフォンになりました。店頭ではワンセグ付きやお財布機能等、いろんな機種を勧められましたが、私は大型のものは嫌なので小型で防水機能付きの手に馴染む機種が希望でしたので「F-12C」という富士通製にしました。ワンセグが仮に付いていたとしても最近ではあまり興味がなく、ほとんど視聴していませんでしたので宝の持ち腐れになってしまいそうです。

慣れ親しんだ携帯とは違い、メールを打つのも一苦労しますが、ネットの閲覧が大部分ですので少しずつ使っていこうと思います。ご使用されている方がいらっしゃいましたら、またスマートフォンについていろいろ教えて下さい。では、今回はこの辺で。。。


テーマ:BCL - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:2 | トラックバック:0 |

BCL ( 掘り出し物 )

チューナー1

以前の記事でご紹介させて頂きました、大阪府泉南市にある「HERD OFF」にてジャンク品で購入したバリコン式ステレオ・チューナー(上記写真の下側のもの)ですが、最近FMは良いのですがAMの調子が悪く、受信が出来たり出来なかったりと今ひとつの状態だったので、何か良いものがないかと再度この店に行って物色してみました。

いつも、興味があるのはやっぱり「ジャンク品コーナー」です。いろいろチェックしていましたら、「ありました。。。」程度の良さそうなデジタル式ステレオ・チューナー(上記写真の上側のもの)が。。。

チューナー2

ネット・オークションでも安価スタート(¥100ぐらいから)よく出品されていますが、ステレオで有名なONKYOの「T-422M」という品番です。オークションよりは高くつきましたが配送料を考えますとあまり差がないものと考え、¥1000前後で販売されていましたので買いとなりました。

状態は、ほとんど無傷で自宅で外部アンテナを繋げて受信チェックをしていますと、AM.FM共にバリバリ感度良く受信し、ディスプレイ表示も異常がなく「掘り出し物」的な購入でした。アップしている写真ではAMで1314kHzの「ラジオ大阪」を受信中ですが、夜には 1170kHzの「KBS-WR」の感度も良いし、特にFMの感度が更に良さそうですので今年のEスポ時期には活躍してくれそうな気配です。

これにより、バリコン式のアナログチューナーは、オークションにて手放すかもしれません。「今まで、活躍してくれて有難う」という思いを込めて。。。
では、今回はこの辺で。。。!!


テーマ:BCL - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。