暮らしの情報と、のんびり気ままにBCL&ラジオライフ !!

日々の暮らしの中で見つけた情報やラジオを聞く事に楽しみを感じる方、趣味としての(BCL)情報交換の場です。いろんな情報交換をしてみたいと思います。コメントをお待ちいたしております。

私のBCL用ラジオ(その1)

本日は、私のBCL用受信機(ラジオ)についての紹介です。

最初は、このブログを立ち上げた時にも書かせていただいたように東芝のRT-2800(通称アクタスパラボラ)と言う受信バンドが3バンドで短波帯が3.8MHz~12MHzの限られた受信範囲のラジカセからのスタートでした。

その後一時期、受験や就職の為に約15年ほど中断し、湾岸戦争の始まった頃にBCLと言う趣味を再開しました。この頃は就職もして独身でしたのである程度、懐に余裕がありましたので思い切ってSONYのデジタル式ラジオのSW-7600(当時の購入価格で4万円ちょっとだったかと思います)と言う機種を購入しました。

今までのアナログとは違って一発で周波数が解かり受信周波数も格段に広かった為のめりこんでいました。海外の日本語放送で受信が極めて困難と言われている、南米アルゼンチンのRAE(通称ラエ)を初めて受信できたのもこの時でした。

その後このSW-7600は外部端子の接点の接触が不安定になりヤフーオークション(以下ヤフオク)に出品し無事落札いただきました(現在も次のオーナー様の元で元気に動作してくれている事を祈っています)

その後2~3年ほどしてまた中断し、少し前にヤフオクでSONYのSW-30と言う安価なデジタルラジオを入手しましたが感度が私の満足するレベルにまでは達しなかった為ヤフオクで再度出品になりました。その後も何度か機種を変更しましたがここでは省略いたします。

最近になってヤフオクで程度の良いナショナルのクーガ101という機種を見つけましたので入札の競合は多かったのですが何とか無事落札できました。この機種が我が家に来て最近、再々度BCLと言う趣味が復活しました。中古品ですが全オーナー様の扱いが良かったのか、はたまたあまり使用していなかったのかはわかりませんが、感度もなかなか良く手入れも綺麗にされていましたのですこぶる調子が良く現在は大事に使用しています。スピーカーも当時の機種は大きいものが多かったのでこの機種もなかなか大きく音がいいので気に入っています。

このブログをご覧頂いている、皆様も自慢の機種があればコメントやトラックバック等でご紹介いただければと思います。

次回は、手持ちの機種で別のものをご紹介いたしたいと考えています。
では、また! 

クーガー101


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:2 | トラックバック:1 |
<<私のBCL用ラジオ(その2) | ホーム | 自由中国の声(VOFC)のベリカードです!!>>

コメント

初めまして、すろ~り~です。
クーガー101の情報を求めて彷徨って此方に
お邪魔しました。
101は、小型ながらも雰囲気のある外見から
気になっています。
使用感その他の情報もお願いします。
アンテナとかはどうしてますか?
因みに私はRF-2200使いです。
2007-10-25 Thu 07:51 | URL | すろ~り~ [ 編集 ]
すろ~り~様、はじめまして。
コメント有り難うございました。クーガー101は、BCLを復活した最初の頃は、よく使用しましたがDE-1103(中国製)が我が家に来てからは、デジタル表示で感度もいいのでそちらばかりを使用してしまい、101のほうは、なかなか出番がありませんでした。ただ、これからは少しづつまた電気を流してみたいと思います。私の101は今まで使った感じでは、高い周波数の感度が
少し弱い気がしますが中古品であることと、アンテナがロッドアンテナのみで使用しているせいでしょうか?長時間のワッチ(懐かしい響き)をしていないのでなんともいえませんが・・・?
すろ~り~様のクーガー2200のほうが周波数を直読できる分、すごくうらやましいです。
また、成果が出てきたらこちらのブログでご報告致したいと思います。
すろ~り~様も引き続き、ご意見をいただければと思います。それでは今後とも宜しくお願い致します。
2007-10-25 Thu 23:38 | URL | ひろむりん [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

発売時期 2006年4月15日<特長>約110時間※1使用できる長電池寿命 単4形パナソニックアルカリ乾電池1本で、AM放送なら約110時間(インサイドホン使用時)も受信できる長電池寿命。 ノイズが少なく聞きやすい高感度設計 内部構造の見直しと、フェライトアンテナの芯材の
2007-09-07 Fri 09:44 ラジオの日
| ホーム |