暮らしの情報と、のんびり気ままにBCL&ラジオライフ !!

日々の暮らしの中で見つけた情報やラジオを聞く事に楽しみを感じる方、趣味としての(BCL)情報交換の場です。いろんな情報交換をしてみたいと思います。コメントをお待ちいたしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

小旅行 ( 神戸~香川方面 その3)

料理-111

約1ヶ月前の話になり、大変遅くなりましたが「神戸~香川方面」旅行の第3弾の記事をお送りいたします。写真の選択と、本業の忙しさの合間にする編集作業に手間取りこの時期になってしまいました。申し訳ありません。

今回は、前回でも予告しておりましたようにグルメ編となり、この旅行の記事の最終回です。掲載しています写真は携帯電話のカメラで撮影しましたので、画素数が低くあまり鮮明な写真ではありませんが、何卒お許し願います。高松 様には、この旅行中、大変お世話になり楽しい思い出を作る事が出来ました。この場をお借りしてお礼申し上げます。有難うございました。

まず、神戸から高松市についた初日、高松様のご近所でも「大変美味しい」と評判の居酒屋で楽しく過ごさせていただきました。確かにご注文した一品・一品がどれも当たりハズレが無く、全て美味しい料理でした。

料理-222

揚げ物は、品質の良い油を使っているのか、パリパリと香ばしい歯ざわりで、特に私はもともと、海老が大好物なので海老の唐揚げに感激しました。頭から尾の先までカリカリとした歯ごたえと殻付きの姿揚げは大変美味でした。鶏の手羽先も丁度良い焼き加減でそのタレの味付けも絶品できれいなテリも出ており、ますます食欲をかき立てられましたし、竹輪の磯辺揚げの中のチーズも濃厚で、ビールの跡に頂いた四国の地酒「船中八策」という日本酒も相性バッチリで、ドンドンお酒ペースがすすみます。

ビックリしたのは、ニンニクのまる揚げでした。皮付きのニンニクがそのまま油で揚げられていますが、余計な味付けはしていないので、ニンニク本来の味が塩コショウだけで軟らかくいただけます。ものすごく力が付きそうな一品です。なかなか、当方の地元の居酒屋では目にしないメニューでした。

サラダも、安いチェーン店の様な具材でなくかなり手の込んだもので、葉采の種類により歯ごたえが違い、ソースも手作り風でした。脂っこいメニューには、こういうサッパリとしたサラダは必須ですね!

その他にも、天ぷら類や、ウインナー、焼き物など十分堪能させて頂き、満足感いっぱいの気分ででした。高松 様のお話によりますと、以前から何度かお店に入ろうと試みましたが、この店は人気が高くいつも満席で中にははいっる事が出来なかったそうです。オーナー様に経緯をお話してメニューの美味しさを伝えますと、大変恐縮されていたのが印象的でした。

料理-333

二日目の夜は香川県や愛媛県でチェーン展開されている、鶏料理専門店「一鶴」さんです。親鶏と雛鶏の焼き物が選べるそうですが、親鶏のほうは少し肉がしっかりとした歯ごたえがあるので「通」の人向きらしいです。私は、素人なので、高齢者や子供さんでも食べられる軟らかい雛鶏の焼き物を注文させて頂きました。注文を受けてから焼きますので、少々時間がかかるそうですが、オーダー品が運ばれてきた時は、肉が音を立てているほどアツアツで、肉汁が衣類に付かないように注意しながら食べないといけないほどです。半分ほど食べますと写真でアップしていますように、お皿は鶏の肉汁でいっぱいになります。どれだけお肉がジューシーかこれでお解りいただけると思います。とにかく、こちらのお店も大変広いホールのようなスペースでお客様も多く、その人気の高さがうかがえ、印象に残ったお店様でした。

そして、最終日のお昼には、高松 様が「旅行の最後の日だから。。。」と、讃岐うどんのお店の中でも会社関係の接待用にご利用されそうな豪華な雰囲気の会席料理のお店「郷屋敷」さんで御馳走して下さいました。高松 様には本当にこの旅で何かとお世話になり、また気を遣わせてしまい誠に申し訳なく思います。重ねて御礼申し上げます。

郷屋敷-1

郷屋敷-444

玄関の看板から入り口まで重厚感がある、どっしりとした店構えで、中のお座敷に入るまで中庭のような所を通り抜け、奥に通されました。お昼時でしたので、会社関係の幹部クラスの方の様な人達もお見えになられていました。お料理は、それぞれ一品ずつ小分けされそれぞれにうどんと交互に食べるべく付いておりました。具材の数も多くそれぞれにいろんな味が楽しめます。おうどんも冷やしつけ麺タイプで喉越しが良く、讃岐うどん独特のその歯ごたえも楽しめ、中庭には日本庭園があり、これこそ日本の良いところだと言う雰囲気の中でゆったりとした食事を過ごす事が出来ました。私は、日頃こういうお店に入る機会が滅多に無いので本当によい思い出になりました。お隣の敷地内には、この店の系列である喫茶店も併設されていました。昔の日本のお屋敷のような風情の残っているこういう建物は、後世にも受け継いで頂きたいと思います。

旅行最終日の帰りは、自分の会社と家族用に四国名産の海老せんべいや讃岐うどんをお土産として購入し、名残惜しみながらこの旅を終えました。地元の最寄の駅に付いた頃は、真っ赤な夕焼けが空を染めていました。これもまたこの旅の終わりを告げているように感じました。

夕焼け

高松 様、いろいろお世話になり本当に有難うございました。今後も、またリフレッシュ休暇を取得できましたら、まだ行った事のない土地を旅したいと考えております。まだまだ、暑い日が続きますので、読者の皆様、くれぐれもお体をご自愛下さい。では、次回更新まで!!


テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<BCL ( FM 岡山 から 返信 ) | ホーム | BCL ( KBS-World Radio から 返信 )>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。