暮らしの情報と、のんびり気ままにBCL&ラジオライフ !!

日々の暮らしの中で見つけた情報やラジオを聞く事に楽しみを感じる方、趣味としての(BCL)情報交換の場です。いろんな情報交換をしてみたいと思います。コメントをお待ちいたしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

BCL ( Vatican Radio から 返信 )

VR-20100317-V1

VR-20100317-V2

VR-20100317-V3

VR-20100317-V4

VR-20100317-V5

過去に日本語放送を聴いて(1991年2月26日受信)QSLカードを受領していましたが、日本語放送が終了してからは全くRep.していなかったバチカン市国からの「Vatican Radio」を先月2月25日(現地時間では2月24日)のベトナム語放送を聴いた分に対する返信が本日ありました。

ベトナム語の受信での報告という事で、たどたどしい内容だったと思うのですが、大変親切な返信内容でした。同局からは、久し振りの返信ですので大変懐かしく感じ、また感激しました。この局のIS(インターバル・シグナル)は昔と変わらず、癒される曲調で私自身大変好きです。航空郵便を利用して返信日数は、約三週間です。

前述の「Radio New Zealand International」に負けず劣らずのサービスが良い放送局で、QSL本体の他に、ローマ法王のポストカード、局紹介の23頁にわたる豪華な冊子、スケジュール表、ステッカー(昔と比べれば小さくなりましたが。。。)等、IRC1枚同封に対して十分すぎるほどの内容の返信でした。

局紹介冊子の中で、「Vatican Radio」の送信施設のイラスト紹介がありましたので、あまり全容を見かけませんのでこの記事でご紹介させて頂きました。送信アンテナが十字架の形をしているのも、昔から「宗教国の放送らしいなぁ~」と感じていました。英文の冊子ですが表紙は分厚く各国方面向けの放送サービス網を詳細に解説されており興味深い内容でした。では、次回更新まで ! !



テーマ:BCL - ジャンル:趣味・実用

ベリカード | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<BCL ( Radio Prague/Radio PRAHA から 返信 ) | ホーム | BCL ( Radio New Zealand International から 返信 )>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。