暮らしの情報と、のんびり気ままにBCL&ラジオライフ !!

日々の暮らしの中で見つけた情報やラジオを聞く事に楽しみを感じる方、趣味としての(BCL)情報交換の場です。いろんな情報交換をしてみたいと思います。コメントをお待ちいたしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

退院してきました。

大阪労災病院

皆様、大変ご無沙汰しております。ご報告が遅れてしまい申し訳ありません。

先月の14日頃に発症した右目の「視野の欠け」が何度か、かかりつけの眼科様でレーザー凝固治療を行っていただきましたが進行が止まらず、若い頃患った左目と同じく「網膜剥離」になってしまいましたので至急、紹介状を書いて頂き、関西でも「網膜硝子体手術」で症例の多い「大阪労災病院」に26日入院し、翌27日の夕方17時過ぎから緊急手術をして頂きました。そして、3月8日(土)に無事退院してきました。ご心配をおかけして申し訳ありません。

本来は、入院当日の26日に手術を受けた方が良い症例だったそうですが、全国から患者様が集まる有名な病院である上、当日は私よりも重篤な患者様の大掛かりな手術があったそうで、私の場合は翌日に組み込まれました。それでも通常の順番に比べれば便宜を図っていただけた様です。

私が若い頃に受けた左目の手術の2時間30分位かかった「バックリング・冷凍凝固術」の術式とは異なり、今回は約1時間30分ほどの最新式の「硝子体切除術」の局所麻酔での手術で、かなり楽になった術式でしたが、網膜をくっつける圧力をかける為に手術の最後に眼球の中にガスを入れて終了するので術後の「うつ伏せ」姿勢や「横向き」姿勢の強制は大変つらいです。退院後の現在もまだ、眼球内にはガスと水が混在している為、なるべく安静にしていなければならず、この記事を書いている時も右目はまだ眼帯を付けたままですので、誤字・脱字があるかもしれません。

昨年の両眼の「白内障手術」は、今回の「硝子体手術」に比べれば「まだまだ楽だったなぁ~」と感じます。皆様も、眼は特にお大事にして下さい。まだまだ、本調子ではありませんのでコメントを頂いても返信できないかもしれませんが、なにとぞ、お許し下さい。

では、次回更新まで。。。


テーマ:管理人より - ジャンル:その他

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<BCL KBS-WR(日本語班)からQSL届く | ホーム | 2013年第4四半期クイズ当選品届く>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。