暮らしの情報と、のんびり気ままにBCL&ラジオライフ !!

日々の暮らしの中で見つけた情報やラジオを聞く事に楽しみを感じる方、趣味としての(BCL)情報交換の場です。いろんな情報交換をしてみたいと思います。コメントをお待ちいたしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

写真 ( 念願のマクロレンズ購入 )

かなり以前から購入時期を検討していたミラーレス一眼レフ機用のマクロレンズ(Panasonic LEICA DG MACRO-ELMARIT 45㎜ F2.8 ASPH.)の購入をやっと決断し、昨日Amazonに注文しておきました。交換用レンズの中では、私にとって一番高価な買い物となってしまいましたが、下記の私の使用感から感じたのはマクロ(接写)撮影以外にも中望遠までのスナップ撮りに使えそうなのが救いです。
MACRO-1

MACRO-2

本日、無事到着しましたのでワクワクする気持ちを抑えながら、開封しました。開封して思ったのは価格の割りに安っぽいという外観でした。もっとずっしりとした重みでメタリックな外観を想像していたのですが、プラスチックの外装を多用している為か手にとってみても軽すぎる感がありました。ただ、大きさはミラーレス機のレンズだけあって小さいので持ち運びには便利な感じです。

MACRO-3

夕方、到着しましたので既に外は薄暗く、曇りがちでしたし近所の堤防には花らしきものはほとんどなく唯一何と言う名前の花かは解りませんが寒空の中、風に揺れながら寂しそうに咲いている小さな花がありましたので、試し撮り撮影してみました。

風に揺れているせいかピントがあわせづらくマクロレンズの割にはAFが遅くピントがなかなか合わないばかりか、最後にはこちらが距離を調整しないとピントが合ってくれません。自宅でのラジオの試し撮りでも制限いっぱいの至近距離ではピントがなかなか合わず、やっと合っても範囲が非常に狭いです。

マクロ試し-1

14mmパンケーキ単焦点レンズでの標準機能で(EXテレコンやデジタルズームを使用しない場合)は、ここまでの接写が限界です。
MACRO-4

マクロレンズの標準設定では、こんな感じです。
マクロ試し-2

今回の感想としては、Panasonic製レンズではそこそこの評価で「ライカ」と言う名前を使用しているので期待していましたが、私にとっては期待したほどでもなく高い買い物になってしまいました。これなら以前、師匠である友人からお借りしたマクロオールドレンズのほうがどんなに切れ味の鋭い描写ができるかと思ってしまいます。

本体がPanasonicなのでレンズとの相性の上では便利なところもあろうかと思いますのでしばらく様子を見て使用はしていきますが、もう少し他社製の品種が増えてきてからでも良かったのではないかと気落ちしております。しかしながら、金銭的にもうこれ以上の余裕はないので一応レンズの購入は今回で打ち止めにしていきます。(悲)

それでは、今回はこの辺で。。。

テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<写真 ( 悩んだ末、やっぱり返品 ) | ホーム | BCL ( Radio Romania International から 返信 )>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。