暮らしの情報と、のんびり気ままにBCL&ラジオライフ !!

日々の暮らしの中で見つけた情報やラジオを聞く事に楽しみを感じる方、趣味としての(BCL)情報交換の場です。いろんな情報交換をしてみたいと思います。コメントをお待ちいたしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

BCL ( 憧れの機種が本日到着しました ! ! )

PROCEED 2800 (看板用)

皆様、こんばんは。

昨日の記事で予告していました、私の憧れのBCLラジオ National製の「PROCCD 2800」が本日無事自宅に届きましたので早速部屋に設置し、あれこれいじっております。(嬉)

Blogでいつもお世話になっている「TSUYOSHI 様」にも約2~3年前にこの機種で良い機種が見つかったら入手したいと思っている事をご報告していましたが、やっとこの度ご報告できます。

私が中学生だった頃、あまりに高価だった(当時の価格で確か49800円だったと思います)のでラジカセでしかBCLを楽しめず、周りの友人もNationalクーガー2200やSONYスカイセンサー5900は持っていてもこの赤いデジタル表示のPROCCD 2800を持っていた者はおらず、いつも雑誌の宣伝を目にしてはため息をついていたものでした。

その念願の機種を目の前にして触る事ができるのは本当に嬉しくて、今まで思い続けてきた事がやっと叶い感無量です。今夜は、少し興奮気味です。

到着した実機は外装の汚れや傷も大変少なく、きっちりメンテナンスや掃除がされているのか、箱から取り出した時は使用感がなく新品と見間違えるようでした。肝心の受信感度も当方が田舎のせいかも知れないですが、FM/AM/SWの全バンドこの時間ではバンバン各放送局が入感してきており、30数年たった受信性能の衰えを感じさせません。

電池室の腐食もなくロッドアンテナも真っ直ぐ自立し、赤い周波数インジケータ-ランプもしっかり表示してくれています。各つまみ類のガリ・接触不良も今のところ全く無しです。

中古品ではこの機種によく発生しているという不具合のチューニングつまみの「キーキー音」も全くなく、きっちりグリスアップされているものと思われます。総合的に見て良い買い物だったと出品者の方に感謝しております。

本当は、SWの他にAMやFMまでも全て緑色にデジタル表示される、後継気種の「PROCCD 2600」と迷っていたのですが、噂では故障が多いそうですのでこちらの機種に決まった次第です。

これを機に少しずつBCLの再開も行っていきたいと考えております。ただ、メカニックの事に関しては全くの素人ですので、不具合が起こった場合の良心的な修理業者様をご存知でしたら、ご教示頂ければと思います。どうか皆様、宜しくお願いしておきます。

それでは、今回はこの辺で。。。


テーマ:BCL - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<BCL 受信ログ ( Radio New Zealand International ) | ホーム | BCL ( 想い始めて何年越しか、やっと入手できそうです。)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。