暮らしの情報と、のんびり気ままにBCL&ラジオライフ !!

日々の暮らしの中で見つけた情報やラジオを聞く事に楽しみを感じる方、趣味としての(BCL)情報交換の場です。いろんな情報交換をしてみたいと思います。コメントをお待ちいたしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

BCL ( SANYO ICR-B001M が新加入 )

SANYO-ICR-B001M-1

以前から使用していたICレコーダーは、SANYO製とOLYMPUS製の2台所有しており、それぞれ良い面と悪い面を持ち合わせていました。

SANYO-ICR-B001M-2

ヤフオクでかなり以前に落札しBCLを復活した頃から使用してきたSANYO製の「ICR-S240RM」はUSB端子が回転し、すぐにPCと接続でき音質も良好なので重宝していましたが、容量が少ない為PCにデータを移行した後すぐにファイルを消去しなければなりませんでした。

次に上新電機の改装閉店セールで非常に安価に入手できたOLYMPUS製の「Voice-Trek V-65」もUSB端子が直付けですぐにPCと接続でき、ボディカラーも限定販売のメタリックブルーでオシャレであり、その上容量も多いので録音時間を気にしなくても良かったのですが、肝心の音質がSANYO製のレコーダーに比べますとあまりにもお粗末で聞くに堪えがたいものでした。

そこで今回、狙っていましたのは雑誌「BCLライフ2011年版」の中で「月刊 短波」の執筆で知られている偉大な「赤林 隆仁 氏」が記事を書かれたコーナー「コアな受信システムを考える」という記事の中でP.132で紹介されていたICレコーダーでやはりSANYO製の「ICR-B001M」という機種を無事ヤフオクにて安価に落札できました。最近のICレコーダーでは珍しくない機能ですが、この機種も本体の中にSDカードスロットがありそのSDカードにデータを保存する型式になっておりカードの交換を行えばカードごとにジャンルを整理できる仕組みになっています。

昨日、無事落札品が出品者から到着しましたので、外観チェックと動作確認をしましたところ非常に美品で機能も全く問題なく、しかも非常に安価に入手出来ましたので満足な買い物が出来ました。この機種は先に紹介させて頂いた2機種のそれぞれ良い部分を持ち合わせており、しかもタイマー録音もできるので今後の私のログ起こしの主流機種になりそうな気配です。またこれを活用し、Blog記事更新にも役立てたいと思います。

SANYO-ICR-B001M-3

参考までに「BCLライフ2011年版」の紹介記事もアップしておきます。皆様のご検討の参考になれば幸いに存じます。

テーマ:BCL - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<BCL 受信ログ ( 3月30日 ) | ホーム | BCL 受信ログ ( 3月27日 )>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。