暮らしの情報と、のんびり気ままにBCL&ラジオライフ !!

日々の暮らしの中で見つけた情報やラジオを聞く事に楽しみを感じる方、趣味としての(BCL)情報交換の場です。いろんな情報交換をしてみたいと思います。コメントをお待ちいたしております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

FC2 ブログデビューです !!

BCLという趣味との出会い:

中学生の頃、ラジカセ(東芝RT-2800)【通称アクタスパラボラ】を初めて買ってもらい音楽をカセットに録音したり、ラジオの深夜放送を聞いたりするのが私の楽しみでした。

まだ、その頃はごくごく一般の流行している歌謡曲のベストテン番組などを聞いていたりしていたのですが、たまたま雑誌の記事で海外にも日本語で放送をしている事を知り、私のラジカセ(当時は中波・短波・FMの3バンド構成の機種も多かった)で聞こえるのかと試してみたところ、近隣の諸外国(中国・韓国・朝鮮民主主義人民共和国・旧ソビエト連邦など)の日本語放送が強力に中波放送や短波放送のバンドを使用してラジオから聞こえてきて、それはそれは大変感激したものでした。

そのうち、この趣味が友人の間でも広がり、裕福な家庭の友人はBCL向け専用ラジオなるものを親から買ってもらい自慢げにしていたことを当時、私はうらやましく思ったものでした。しかし私のラジカセもなかなか健闘して遠方のヨーロッパや中近東、南米の放送局まで受信できたことを覚えています。しかしながら短波放送の周波数帯が12MHzぐらいしか受信できなかった為、やはりBCL専用ラジオを持っていた友人にはかなわないと思い、よく学校の帰りに友人宅に寄って触らせてもらってため息をついていたものでした。

その頃、私の周りで多かったのは、やはりまだアナログ式が多くSONYのスカイセンサーシリーズやナショナルのクーガシリーズでした。特例として、私の友人でお医者さんの息子さんは、BCLラジオの王様と言われるSONYの32バンド構成のワールドゾーン32(当時の販売価格32万円と記憶しています)と言う幻の機種を持っていてその堂々たる外観と機能(特に赤く光り輝く周波数デジタル表示)のすばらしさに目を奪われたものです。
夏休みには、BCL仲間が友人宅のベランダで徹夜で受信局数や、受信の困難な珍局受信を競い合ったものです。

その後、高校受験による時間の制約や進む方向の違いから、その友人達とも離れ離れになったりしてしばらくこの趣味ともかけ離れてしまった時期に突入します。
次回の更新では、その頃取得した受信確認証(ベリカード/QSLカードとも言います)についてお話いたしたいと思います。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

BCL | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<受信確認証(ベリカード/QSLカード)第一号 | ホーム |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。