暮らしの情報と、のんびり気ままにBCL&ラジオライフ !!

日々の暮らしの中で見つけた情報やラジオを聞く事に楽しみを感じる方、趣味としての(BCL)情報交換の場です。いろんな情報交換をしてみたいと思います。コメントをお待ちいたしております。

住吉大社にお礼参り

昨年、一昨年と御守護下さったお礼に昨日、大阪の住吉大社に御礼参りに行ってきました。
住吉大社駅-1  住吉大社駅-3  
以前に、阪堺線の「ちんちん電車」の旅を兼ねてこちらの住吉大社にも健康平癒祈願と恋愛成就の為にお詣りさせて頂いたのですが、その時に授かったお守りをお返ししてお礼申し上げる為です。
住吉大社駅-4  住吉大社駅-2
今回は、住吉大社のみの目的でしたので南海高野線で「天ヶ茶屋駅」で南海本線に乗り換え「住吉大社駅」にやってきました。高架の駅をおりますと短い商店街を抜けてすぐ阪堺線の軌道があり、信号を渡ると目の前が「住吉大社」です。
住吉大社前  住吉大社正面  
お正月は過ぎ、平日でしたのでいつもより訪れる方も少なめでしたが、それでも人気の神社とあってそこそこの人出でした。
住吉大社橋前  橋  住吉神社入口
今回も今後の家族の健康、それと良縁に恵まれますようにと祈願してきました。
社殿-1  社殿-2  社殿-3

絵馬・おみくじ掛け
帰りは、電車の高架を挟んで向かいの住吉公園も少しだけ散策しました。市街地にありながら結構広く市民の皆様が思い思いにレクレーションを楽しんでおられました。帰りに高架下の「ロッテリア」で軽くお腹にチャージしました。
住吉公園-1  住吉公園-2  住吉公園-3


カメラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

新年初の撮影会(高野山女人道コース)

あけまして、おめでとうございます。更新はサボりがちになっていますが、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

今年は大晦日から1月4日まで連続出勤した為、1月18日(日)から正月休みの代わりとなるリフレッシュ休暇を現在取得しております。1月18日は久しぶりの日曜の休日となったのでカメラの友人と撮影旅行の為に、南海電鉄高野線の和歌山県側の極楽橋(ごくらくばし)駅から高野山(こうやさん)駅まで、通常のケーブルカーを利用せず、敢えて徒歩で沿道を撮影しながら歩くことにしました。
九度山駅-1 九度山駅-2
最初の最寄駅である九度山駅までは師匠の車に便乗させて頂き、九度山駅から極楽橋駅は距離が長いので電車を利用しました。九度山駅は、学生の頃や就職してからも利用していたことがあり馴染みの駅で、この町は戦国時代最後の武将、真田幸村はかつてこの九度山町に隠棲していました。幸村父子の隠棲生活、高野山があまりにも寒かったため、庵を九度山に移しました。その跡地に建つのが善名称院(ぜんみょうしょういん)、真田庵です。
九度山駅-3 こうや号 極楽橋前の電車
日曜日でしたので運行本数が少なく、目的の電車が到着するまで特急「こうや」の通過や周りの駅舎の様子を撮影したりして時間を潰していました。やがて、極楽橋行きの2両編成の赤いワンマンカーが到着しました。本日はこの電車に乗れば和歌山県側の終着(難波方面としては始発)駅に到着します。
普通車(赤) 下からの極楽橋 極楽橋
しばし、景色を見たりして電車に揺られながらほどなく極楽橋駅に到着です。ここから通常はケーブルカーに乗って高野山頂に行くのが通常ですが、今回は沿道を歩く撮影会ですので登山道に反れてひたすら歩き続けます。途中、観光客を乗せるためのケーブルカーを見る事ができたので、上りと下りをショットしてみました。ケーブルカーの正面からの表情が、上りの時は「体力を使って必死に上っているな!」って感じで、下りの時は「足を踏ん張って転げ落ちるのを必死にこらえているな!」って感じに見えるのは、私だけでしょうか?傷心な私の気持ちを明るくしてくれました。
ケーブル上り ケーブル下り 沿道の雪

雪影 光氷柱 点氷柱
沿道は、途中の女人堂(女人禁制だった頃に、ここまでしか女性は登れずこもった所らしいです)までは舗装された道で、山道でも雪景色を見ながら余裕で登りやすく感じましたが、女人堂を越えたところから急に険しくなり甘く見ていた私は、足元の木の角で足を負傷してしまいました。幸い出血はすぐ止まり、軽い痛みはあったものの雪で滑落しない様に気を引き締めて再度登り始めました。カメラの師匠にも「油断しとるからや ! !」と怒られながらそこから先は慎重に山道を登って行きました。
不動坂標識 清不動堂

女人堂付近-1 雪道の足跡 遍路道

バスのカーブ 女人堂付近-2 女人堂
途中、私たちは撮影が目的でしたのでゆっくりと時間が流れ、本格的なハイカー達に先を越されながらも周りの景色を堪能する事ができました。特に弁天岳山頂からの対面する和泉山脈の雄大な眺めは素晴らしかったです。ここからは、下りになっていますが高野山の入り口である大門までは山道でもたくさんの小さな鳥居があります。この鳥居をくぐって聖地に一歩一歩近づいていく感じです。
林道-1 林道-2 林道-3

弁天岳神社 弁天岳山頂

林道-4 林道-5 林道-6

弁天岳山頂を越え、南方向に向かっていくと、太陽が地面の雪を溶かしぬかるんでいる道が多いので足元に気を遣いながら大門に向っていきます。途中、「電波(好き)中年」(笑)の私は、携帯(スマホ)の中継基地局の電波塔を見つけ思わずショットしてしまいました。(汗)
携帯中継基地局
そうこうしているうちに、いつも車で上って来ると高野山最初の象徴である大門が見えてきました。しばしここで雄大な大門を見物していますと先のハイカー達は、更に奥の女人道コースへと山奥に入って行かれました。しかしながら私たちはこれから撮影しながら廻ることは時間的に考えても到底不可能なので、師匠の提案で撮影コースをメジャーな観光コースに急遽変更し、「根本大塔」「金剛峯寺」等を巡ったあと、バス・ケーブルカーを経由し帰路につくことにしました。
大門-1 大門-2 大門-3

根本大塔 根本大塔観光客 金剛峯寺

金剛峯寺-2 金剛峯寺-3

因みに温度計の写真の隣の写真で、こうやくんの隣のガラスに写ってカメラを構えているのは私の姿です。(笑)
沿道の僧侶 薬局の温度計  高野くんと私
高野山駅正面 ケーブルカー乗降口

ケーブルカー車内 ケーブルカー車窓から
昼食は、高野山頂ではどの店も高価なので下山してから九度山町のお馴染みの蕎麦店で摂る事としました。ここの蕎麦店は「真田幸村」で有名な「真田庵」の近くにあり非常に美味しいので皆様も是非お近くに来られましたらお立ち寄り下さい。私は、「にしんそば」とビールを頂きました。歩き疲れたのと寒さで非常に癒された食事でした。
こうや&天空 天空

幸村庵 にしんそば
本日の総歩数は次の通りです。
今日の歩数
文章が非常に長くなりましたが、では、次回更新までごきげんよう。。。


カメラ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |