暮らしの情報と、のんびり気ままにBCL&ラジオライフ !!

日々の暮らしの中で見つけた情報やラジオを聞く事に楽しみを感じる方、趣味としての(BCL)情報交換の場です。いろんな情報交換をしてみたいと思います。コメントをお待ちいたしております。

奈良県明日香村の「案山子ロード」を探索!!

案山子-33 案山子-30 案山子-27

本日は、カメラの師匠に誘われて、現在、沿道にいろんなデザインの案山子が出品されている「案山子ロード」を探索・撮影に行ってまいりました。
案山子-31 案山子-28 案山子-29
彼岸花も満開で、これまで私が見たことがなかった「白色」「黄色」の彼岸花もあり、案山子の撮影と共に時間の経つのを忘れてその魅力に惹かれてしまいました。

皆様も機会がございましたら、是非訪れてみて下さいね!!それでは、作品の写真を下記にざっとご紹介します。
案山子-32 案山子-1 案山子-2 案山子-3 案山子-4 案山子-5 案山子-6 案山子-7 案山子-8 案山子-9 案山子-10 案山子-12 案山子-13 案山子-14 案山子-15 案山子-16 案山子-17 案山子-18 案山子-19 案山子-20 案山子-21 案山子-22 案山子-23 案山子-24 案山子-25 案山子-26

まだまだ、たくさんの作品がありましたが、きりがないのでこの辺にさせて頂きます。では、次回更新まで。。。


カメラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

BCL Radio Romania International から返信!!

RRI-QSL-20140924-1 RRI-QSL-20140924-2 RRI-QSL-20140924-3
7月と8月にRep.しておいた「Radio Romania Internationa」から本日2枚同時にQSL返信がありました。

RRI-QSL-20140924-5
国際放送で日本向けに英語放送をして下さっている数少ない欧州局だけに相変わらずサービスも満点でQSLカードの他に番組スケジュール&周波数表、英文による手紙、局オリジナルミニカレンダー、ステッカーなど同封して下さっていました。
RRI-QSL-20140924-6
封筒に貼られている、ルーマニアの美しい切手を見るのも毎回、楽しみになっています。それにしても、返信を下さる放送局はお馴染みの定番局ばかりになってきました。(汗)

RRI-QSL-20140924-4
英文の手紙の翻訳は、おおよそ下記の内容です。(翻訳ソフトでの解析なので、少々日本語の不適切な表現はご容赦願います。


親愛なる ヒロム 私の苗字

我々のプログラムに対するあなたのメッセージと関心をどうもありがとう。あなたのフィードバックは、常にRRIにとって重要です。我々は、あなたがRRIの英語放送にチャンネルを合わせて、我々に受付レポートを送り続けることを望みます。そしてそれは我々の駅にとても役立ちます。それぞれの月の間のあなたの受付レポートの数に関係なく、我々はRRIがヵ月当たりのQSLカードを送るとあなたに思い出させます。我々も、ラジオ・ルーマニア・インターナショナルListeners'Clubに加わるようにとの誘いをあなたまで広げます。lnternationalなラジオ・ルーマニアは、メンバーシップの1、3、5および10年めの末に誠実なリスナーに卒業証書で報いるCIub方針を誇ります。我々も、2および4年めの終わりに古参者ラベルを提供します。いろいろな賞も、最も誠実なリスナーに、または、我々のクイズに正解を与える人々に与えられます。www.rri.roで、あなたはengl@rri.roで我々に電子メールを送ることもできるか、我々に「受付Report"and「フィードバック」ボタン」をクリックしている我々のウェブサイトのメッセージを残すこともできます。我々はあなたのさよならを祈って、あなたから我々の放送についての更なるレポートとコメントを受け取ることを楽しみにします。
敬具
Lacramioaraシモン
ダイアナVijeu
英語課サービスコーディネーター より


では、次回更新まで。。。


ベリカード | コメント:0 | トラックバック:0 |

高野森林鉄道跡を散策!!

本日は、約1週間ぶりの休日でした。リフレッシュしたくて今回もカメラの師匠と隣町の高野山へ続く「南海高野線」沿いの高野森林鉄道跡を散策しました。

高野山への玄関口にあたる九度山駅から高野下駅までは、なだらかな勾配だそうなのでチャリで向かい高野下駅から上古沢駅は電車を利用し登って行き、上古沢駅で折り返し森林鉄道跡を徒歩で高野下駅まで下って来る計画です。
まずは、高野下駅で高野山行の電車を待っていますと、橋本駅までの各駅停車をする2両編成の車両が停車していました。
高野森林-2  高野森林-1  高野森林-3  

しばらくすると、南海高野線の名物であるお座敷列車「天空」がこの駅を通過していきます。前側2両が「天空」で後側2両が通常車両になっています。線路のレールは特殊な構造であるとの説明がホームに紹介されております。高野下駅は、無人駅ですので、のんびり電車を待つことができます。
高野森林-4  高野森林-5  高野森林-6

しばらくすると高野山行きの普通列車が来ましたので私たちも乗り込み、上古沢駅まで移動です。上古沢駅で降車したのは私たちと鉄道管理関係者だけでした。この駅から徒歩で森林鉄道跡を散策していきます。天気が良かったので、のんびりと秋の風を感じながら里山を下りながら散策です。
高野森林-7  高野森林-8  高野森林-9

しばらくしますと、前回カメラの師匠が行けなかった南海電鉄の中古沢橋梁が姿を見せました。赤色の立派な橋梁です。
ここでしばらく電車の通過するのを撮影することにしました。残念なことに今回持参のレンズは広角レンズではなく、マクロ&中望遠、望遠レンズのみでしたので一部分を切り取っての撮影の描写になり、大きな橋梁の全ての外観を撮影する事ができず、申し訳ないです。特急「りんかん」や普通列車の通過を下から撮影しましたが、車両がお判りでしょうか?
高野森林-10  高野森林-11  高野森林-12

高野森林-13  高野森林-14

ある程度ここで時間を潰した後、帰路に向います。帰りの道で彼岸花やゲートボールを楽しんでいる地元の方もおり、里山の長閑な風景です。
高野森林-15  高野森林-16  高野森林-17  高野森林-18

その後、再度高野下駅まで歩き続け、駅に駐輪していたチャリに乗り換え地元の紀ノ川を横目で見ながら本日の散策を終了しました。いやぁ~、時間も丁度夕方になり心地良い時間を過ごさせて頂きました。では、次回更新まで。。。
高野森林-19



カメラ | コメント:0 | トラックバック:0 |

BCL Radio Bangladesh Betar (バングラデシュ)から返信!!

Radio Bangladesh Betar QSL-1  Radio Bangladesh Betar QSL-2

Radio Bangladesh Betar QSL-3  Radio Bangladesh Betar QSL-4

先の記事の「Radio Thailand World Service」と同じく、9/16に返信がありましたのは「Radio Bangladesh Betar」でした。

初返信で大変嬉しく思うのですが、封筒の糊付けがまずく、封筒の中にまで糊がはみ出ていたのでしょうか、英文の礼状は糊で封筒とくっついていて中身の手紙を取り出すには少々破れても仕方のない糊付けの仕方でした。

QSLカードは何とか無事でしたが、封筒に貼られていた切手の数には圧倒されてしまいました。E-Mailで受信音をMP3型式で音源を添付して報告したRep.に対する返信でした。SDカード同封の航空郵便はいまだにどの局からも返信がないので、空港の金属探知機に引っかかって没収されたのかも。。。?と勝手に悪い方に想像してしまっています。

では、次回更新まで。。。



ベリカード | コメント:0 | トラックバック:0 |

BCL Radio Thailand World Service (本局)から初めての返信!!

Radio Thailand 本局QSL-1  Radio Thailand 本局QSL-2  Radio Thailand 本局QSL-3
久しぶりのBCLネタになります。

これまで、Rep.しても全く返信のなかった「Radio Thailand World Service (本局)」から初めての返信が本日(9/16)にありました。

これまで送信所のある「ウドンタニ」のI.B.Bには度々Rep.を送り、QSL返信を頂いていましたが、本局は今回が初めてです。これまでの報告書と違う点は、日本語課宛にRep.したのですが今回は英文で作製して送ったことぐらいでしょうか?

なぜ、今まで本局から返信がなかったのかは、いまだに理由が判りませんが今回の返信には珍しく、スケジュール表付きの折りたたみ式QSLを送って下さいました。その他、局の案内リーフレットも同封されていました。

では、次回更新まで。。。


ベリカード | コメント:0 | トラックバック:0 |

奈良県御所市の葛城古道をチャリ散策(その①)

本日は休日で天気に恵まれましたので、例のごとくカメラの師匠が企画して下さった奈良県御所(ごせ)市の葛城古道をチャリ散策してきました。

古道周辺には、寺社仏閣が点在しており、一回の記事ではご紹介しきれませんので二回シリーズにて記事を書かせて頂く予定です。Windows 7にしてから、縦の撮影写真がなかなか上手くBlogに掲載できなくなってしまいました。そういった画像は、申し訳ないですがお顔を横にしてご覧ください。(汗)

御所駅前に師匠の車をパーキングし、いざチャリで出発です。すぐ上り坂になり早速水分補給の水を自動販売機で購入後、まずは小さな「崇道神社」という神社がありましたが、小さな敷地に古木があるだけでしたので、この記事では省略します。

次に到着したのは「鴨山口神社」という神社に到着です。敷地内は小さめですが、綺麗にされています。
葛城古道-2  葛城古道-3

次に向かうのは、六地蔵様です。道のど真ん中に祀られていますが、離れてよく見ないと6人のお地蔵様が判りにくいです。更に、田を横目に道案内標識のとおり進みます。天気が良いのでサングラスをしないと術後の私の眼にはきついです。空の青さとまだ、緑色の稲が綺麗で、秋を感じさせます。しばらく走ると、薬師堂の案内が見えてきましたので、立ち寄ります。
葛城古道-4  葛城古道-5  葛城古道-6 

こちらの薬師堂もきれいに掃除が行き届いていますね!その後、更に進みますと「香水の塔(時計)&九品寺」の案内が見えてきました。
葛城古道-7  葛城古道-8  葛城古道-9  葛城古道-10

「香水の塔(時計)」をワンショット!! 【処理ソフトを使っても画像は横になってしまっています。すみません。】
途中、石碑の傍で「コスモス畑がありました。きれいに咲いていましたので、ここでもワンショット!!
葛城古道-12  葛城古道-11  葛城古道-13  葛城古道-14

コスモス畑の撮影が終り、しばらく進みますと案内通り「九品寺」というお寺に到着。ここは、境内も大きく立派でかなり上の方まで登ってみました。お寺の瓦も見事なものでした。途中、田んぼのあぜ道に彼岸花がもうちらほらと咲いていました。
葛城古道-15  葛城古道-16  葛城古道-17  葛城古道-18

葛城古道-21  葛城古道-19  葛城古道-20

さて、チャリ散策の旅はまだまだ続きますが、後半はますます大変な事となっていきます。その内容は次回の記事までのお楽しみにする事に致しましょう!!では、次回更新まで。。。


カメラ | コメント:2 | トラックバック:0 |

幻の五新鉄道跡地をチャリ散策!!

異常気象の夏から、9月になり少しは涼しくなってきました。本日は、カメラの師匠と一緒に奈良県五條市の五新鉄道跡地をチャリ散策してまいりました。詳しくは、左のリンクをクリックしてご覧くださいませ!

いつもは、私が何か行動しようとすると天気が崩れる事が多いのですが、今日はからっとした天気で自転車で走っていても気持ちが良かったです。友人である師匠は、以前にもここを訪れているので道案内をしてもらいながら、途中、撮影のアドバイスも兼ねてもらいました。

道路の傍には、中断された五新鉄道の橋脚がむき出しです。市街地から、しばらく走ると五新鉄道の面影を残すバス専用道路への脇道へそれます。バス専用道路で平日は数本しか運航されないそうですのでのんびりと田舎の風景を満喫しながらチャリを走らせます。途中、寄り道をして撮影しながら道を進んで行きますと踏切の名残があったり、水力発電所なども見る事ができます。そして、いくつもの狭いトンネルをくぐりながら前進します。トンネル内は全く照明がないので、自転車のライトは必ず必要です。ところどころ道路状況が悪いので慎重に進まねばなりませんし、湧水がしたたり落ちてきたり、トンネル内は涼しいと言うより寒いくらいです。トンネル内は一人で来るのはおっかない雰囲気を出しています。(恐)

五新-1  五新-2  五新-3

五新-4 五新-5 

途中、いろいろカメラの師匠から撮影の構図についての説明や道案内をしてもらいながら走っていきますと、大きなバス停がありました。片道2/3位走ったところで、いつの間にか正午過ぎの時間になり、丁度バス停(衣笠という所)に大きなベンチや日陰もあったのでここで私はおにぎり、師匠はパンで簡単に昼食を頂きました。少しばかり、アルコールチャージもしてご機嫌でした。良い気分になり、お腹も満たされ英気を養ってから走り出しますとあと少しで、終点(専用道城戸という所)の様です。、しばらく終点地点の散策とトイレ休憩をしてここで折り返し、帰路に向います。帰りも逆方向からトンネル内で撮影してみました、暗いトンネル内での撮影は、綺麗に撮るのが難しかったです。所々に、線路に使うはずだった「枕木」が現在ではひっそりと再利用されて哀愁を帯びていました。

五新-6  五新-7  五新-8

五新-9  五新-10

帰路は、下りが多く楽ちんでスピードも出るので、撮影に時間をかける事ができ、昔の工事に携わった方々の無念な気持ちもわかる様な気がしました。平地に近づきますと住宅も多くなり、周りに花も多く見かけましたのでいつもの様にお決まりの「花ショット」も入れさせて頂いております。撮影時にファインダーから何度も見失いかけた「トンボ」も偶然、撮影できていましたので一緒にアップしております。もう、季節は秋なんですね!

五新-11  五新-12  五新-13

五新-14

最後は、市の博物館敷地内に保存されている「SL機関車」の写真で今回の記事を締めたいと思います。この五新鉄道跡の専用バスも聞くところによりますと9月いっぱいで廃止されるそうです。残念です。詳しくは→こちらからご覧下さい。

五新-15  五新-16

久しぶりに撮影とチャリ散歩にて身体を動かしましたので、この後筋肉痛が出ないか心配ですが、心地よい疲れでした。今晩は、深い眠りにつけそうです。また、機会がありましたら別のチャリ散歩もご紹介していきたいと思います。それでは、今回の記事はこのへんで。。。



カメラ | コメント:3 | トラックバック:0 |
| ホーム |