暮らしの情報と、のんびり気ままにBCL&ラジオライフ !!

日々の暮らしの中で見つけた情報やラジオを聞く事に楽しみを感じる方、趣味としての(BCL)情報交換の場です。いろんな情報交換をしてみたいと思います。コメントをお待ちいたしております。

BCL(ベトナムの声放送局)

久しく、BCLの記事からかけ離れていましたので今回はアジアの海外放送局で日本語放送に熱心なベトナムの声放送局のベリカードの紹介です。

日本語放送の担当者の方々は、日本人が現地に駐在して放送を行なっている局と現地人の方が日本語を習得されて放送されている局に大別されますがこのべトナムの声放送局の日本語放送担当者の方は後者に属します。

たどたどしい日本語で一生懸命放送されているご様子は聞いているこちらまで応援したくなります。また放送局から日本リスナーへのサービスも良く非常に好感のもてる局のひとつだと言えます。
ベリカードの返信も約一ヶ月前後で必ず届く事が多くお正月にはニュ-イヤ-カードなどや不定期にアンケート・番組表など送られてきます。

日本語放送の歴史は古い方でBCLブームの頃の方が受信状態が悪く聞きにくかった記憶がありますが現在は、当地では朝の放送・夜の放送とも比較的良好で安定して受信できています。

ベリカードの1枚目は、ベトナムの水田(棚田)の図柄で、受信日は2006年10月20日/受信時間23時~23時30分(JST)/受信周波数12020khz/カード発行日は、2006年11月8日です。

VOV1


二枚目のカードは、ベトナム最古の大学の図柄だそうで、受信日は2007年7月9日/受信時間20時~20時30分(JST)/受信周波数12020khz/カード発行日は、2007年7月26日ですので比較的新しいカードです。これは、2回目のレポートで先の水田の図柄と重複しないように御願いしたところ、このカードの図柄でお送り下さったものなので今現在はもっといろんな図柄に変更しているかもしれません。

VOV2


どちらのカードにもベトナムの地図と放送局のある、ハノイの位置に星のマーク、それにベトナム語の放送局の頭文字の「TNVN」のアルファベットと局のロゴマークが記されています。

国際返信用切手券(IRC)の同封も強制されていないようですので、一度皆様も受信して報告書を送ってみてはいかがでしょうか?

では、また次回!!

テーマ:BCL - ジャンル:趣味・実用

ベリカード | コメント:0 | トラックバック:0 |

忙しい時のおすすめレシピ!!

道場


またまた、カレー好きの私にはぴったりの話題です。
本日は、家族がお出かけなので私一人の食事になってしまいました。
忙しい時や一人の時の手軽で美味しいレトルトカレーの紹介です。

発売元は「ボンカレー」でお馴染みの老舗メーカーの大塚食品が発売しています。商品名は「銀座 ろくさん亭」シリーズの「六三郎のまかないカレー」(希望小売価格\262税込)で、今までのレトルトカレーにはなかった、鶏だしがきいたあっさりした味のカレーです。

メーカーHPはこちら⇒ http://www.otsukafoods.co.jp/product/rokusantei/index.html#curry

また、日本人向けにあっさりした味付けになっていますので、そのままうどんにかけるだけで美味しいカレーうどんにもなります。
夜食や朝食にもこのカレーならカレーうどんで頂いても胃に負担が少ないと思います。

道場


また、電子レンジに外箱ごと入れて、約2分弱で出来上がるのもヒット商品になる理由かもしれません。今までのレトルトカレーのように皿に移し変えてレンジという手間もありません。

今回、TVでも紹介されていましたように納豆とのトッピングでいただきました。見た目はそんなに良くないですが栄養満点です。あと、野菜ジュースも一緒にどうぞ・・・!!

道場


その他に、他のブログの方の紹介で知りました。珍しい博多のカレーもお試しください。
申し訳ございません。一日限定1000食!【幻のカレー】


皆様も美味しいレシピがありましたらまた教えてください。では!!

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

カレー | コメント:0 | トラックバック:0 |

おすすめレシピ(^0^)/

初めてのモブログです。
ちゃんと投稿できるでしょうか?今、出勤途中の電車の中です!

勤務地がスーパーの中の専門店で働いている私は弁当や社員食堂がないのでよく、店頭で販売されている惣菜で昼食を済ませます。そんな中で私の好物のカレーに関するもので美味しかったものを二点ほど紹介します。

一つはドライカレーで何のかわりもない普通のドライカレーですが、具材の中に干し葡萄が入っているのがミソです。ピリッと辛さの中で少しの甘さが絶妙です!
20070827090540


もう一点は焼きカレーというものです。普通のカレーにみえますが下地のご飯の上にカレールーがのり、中央に温泉タマゴがのっていてカレールー全体に焼きめがついてパリッと表面がしています。オープンで焼いたりバーナーでしているのでしょうか?温泉タマゴのブリブリとのアンバランスが絶妙です。
20070827090541

ご家庭でも試されてみては…?では、またm(__)m

テーマ:つれづれ日記 - ジャンル:日記

カレー | コメント:0 | トラックバック:0 |

またまた、BCLの書籍が発売!!

前回の記事でご紹介した、BCLラジオカタログに続きBCLの関連本が発売されました。

題して「簡単BCL入門 世界の放送を受信せよ!」という書籍です。
発売日:2007/09/01  ISBN:9784789813266
定価1,680 円(税込)出版社:CQ出版

主な内容は次の通りです。

目次:
第1章 放送受信の世界…BCL入門
第2章 中波放送を聴いてみよう
第3章 遠い国からの放送を聴いてみよう!
第4章 放送受信の歴史とこれから
第5章 短波ラジオを手に入れよう
第6章 放送局受信資料

Amazon等でも品切れになっていたり、読者の皆様の最寄の書店に在庫がない場合は、当方のブログのリンク先として貼り付けているフリーエリアの「Livedoor Books」のバナー広告をクリックしていただくか、
またはこちらから⇒livedoorBOOKSで本を購入する。1500円以上で送料無料!

クリックしてお入りいただき、「BCL」と検索していただけましたら購入の窓口になっています。宜しければご利用ください。

前回の「BCLラジオカタログ」も紹介されていると思いますので興味のある方は合わせてご購入の検討をお願い致します。

ただ、このブログの記事を作成中は在庫があるようですが、「Livedoor Books」の販売ルートもいつ品切れになるかもしれませんので、皆様がご注文の時に売れ切れになっている可能性もございます。
行き違いの折は何卒ご容赦ください。(管理人)

簡単BCL入門


テーマ:新商品 - ジャンル:ニュース

情報 | コメント:2 | トラックバック:0 |

懐かしいBCLラジオの書籍です!!

ここ数日仕事の忙しさの為更新がおろそかになっていました。本日は休日です。やっとBCLの話題に戻りますね!!

久々のBCLラジオに関する、書籍が発刊されましたね!
私が中学生時代の頃に夢見た各メーカーのBCLラジオの名機がズラリ50機種ほど紹介されています。私はどなたかのブログで発売される事を知りました。

田舎に住んでいる私は近所の本屋の店頭には並んでいなかった為、Amazonにて購入しました。130ページほどで㈱三才ブックスが発行しています。定価は1995円(税込)です。ヤフオクで出品されている事もあり一度チェックしてみてもいいと思います。運良く少しお安く手に入れることもできるかも・・・?

こういう書籍が発売されるということはまた少しづつBCLという趣味が復活の兆しを見せているということでしょうか?なんだか、嬉しくなります。今後も、いろんな書籍が発刊される事を期待しております。

特別付録としてスカイセンサー5900&クーガ-2200の取扱説明(ダイジェスト版)がついていたり、BCLラジオにありがちな故障と修理方法や海外ラジオ放送の周波数データが巻末の方にも掲載されています。

この書籍も今は入手可能ですが年数が経って手に入りにくくなった場合はヤフオク等で高値で取引される事も予想できます。BCLファンにとっては実機がなくてもこの本を見ているだけで楽しくなります。

また、私も今まで手に触れた事のないBCLラジオを探してみたいと思います。

BCL書籍


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

BCL | コメント:0 | トラックバック:0 |

大阪発!!カップお好み焼きと和歌山発!!の「おはなはん」

こちら関西は、お好み焼きやたこ焼きなどの粉ものにはうるさい地域で特に、たこ焼き器は大阪ではは一家に一台あるほどとも言われています。

私の住んでいる所は和歌山県ですがやはりお好み焼きとたこ焼きはよく食べています。特に、お好み焼きは近くにも口コミで評判のおいしい店があり家族や友人と休日の都合がうまく合えば食べに行ったりしているのですが、時間的な余裕が少ない時は夕食でよくスーパーの食品売り場で販売されている、具材がすべてカップの中にそろっているカップタイプのお好み焼きを作って家族で食べたりもします。

和歌山のスーパーで一番よく流通し、好まれているカップタイプは、私的見解ですが「おはなはん」のお好み焼きだと思います。実際よく食べていますし、味も抜群です。通販も行なっていますのでHPアドレス載せておきます。一度、食してみてください。
HPアドレスはこちら⇒ http://www.ohanahan.co.jp/
今回ご紹介いたしますのは、たまたま先日大阪府のとある町まで出かけた帰りスーパーで見つけたカップお好み焼きです。

どちらの銘柄も大阪では有名で街中でもよくチェーン店を見かける、お好み焼き店の「ぼてぢゅう」さんと「鶴橋 風月」さんの商品名のカップお好み焼きです。

「ぼてぢゅう」さんの名前の由来は「とん玉を“ぼて”とひっくり返して“ぢゅう”と押さえる」ところからきているそうです。作り方は割合簡単でカップに書かれている順番に具材を入れてかき混ぜて焼いていくとおいしく出来上がります。「おはなはん」の作り方とほぼ似ています。

もう一方の「鶴橋 風月」さんの特徴は、粉が少ないキャベツたっぷりのお好み焼きですのでカップの大きさも少し大きいです。粉もだしが多めなのでサラサラしています。作り方は少しコツが必要かもしれません。実際私も初めて挑戦してみましたが裏返す時にキャベツが多いせいかバラバラになってしまいました。片面をじっくり焼こうと言う意識が強すぎたせいか、キャベツも焦げ焦げになってしまい、ある程度の経験が必要なようです。
でも、上手くいった時はたぶんあっさりとして胃にやさしくお好み焼き本来の味が楽しめることと思います。試された方で上手に焼いていらっしゃる方がおられましたらまた、情報をお待ちいたしております。

和歌山でもまだ他のメーカーさんが似た商品を出しておられるようですので情報をお待ちいたしております。

それでは、また次回まで・・・!!


カップお好み焼き


テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

情報 | コメント:0 | トラックバック:0 |

おすすめパスタのお店です。

お盆休みのないサービス業の私(悲)ですが、久々に先日家族と一緒の休みが重なり(嬉)食事に行くことができました。

連休が取れないので近場でいいところがないか検討していたところ、以前妻の友人から奨められていたパスタのおいしい店があるとのことでそこに決定しました。

和歌山からだといちばん最寄の大阪府堺市の原山台にある、ショッピングモール(クロスモール)の中の店で夢厨房(yume-kitchin)というお店に行きました。参考にホームページアドレスを載せておきます。
こちら⇒http://www.crossmall.net/html/shop/index.html#1

ショッピングモール自体は大阪府の泉北の閑静な住宅街にありわかりにくくカーナビを頼りに何とかたどり着きましてお盆休みと言う事で駐車場に入るのも満車の為かなり待ちました。
やっとの事で駐車場に入庫し、「さあ、いざ食事へ・・・」と、のりこんだのですが他の飲食店は比較的空いているのに、お盆休みも重なってかこの店だけが私が並んだ時点でなんと、20人待ち・・・!
しかし、人気があるとなおさら食べたくなるのは人間皆同じ、約一時間待ってやっと店内に案内していただけました。

ここのもうひとつの売りが、焼きたてパンがおかわり自由と言う事です。私は、食事が終わってみれば一人だけで約10個ほど食べたと思います。
家族も大食いで子供も妻も合わせて約10個ほどで合計20個ぐらい食べたかも知れません。(とは言ってもパン一個の大きさはそれほど大きくはなかったのですが、焼きたてなのでその軟らかさとおいしさにメインのパスタの存在も忘れてしまうほどでした。) ランチメニューではそんなに高くなく、それ以外のメニューも豊富で一度行ってみて損はないと思います。

チェーン店ですので、アップしている店舗案内で最寄の店に行って見て下さい!! いつも、見ていただき有り難うございます。

それでは、また次回の更新をお楽しみに・・・!!


夢キッチン


テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

情報 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ワールドハーベストラジオ(KWHR)のベリカードです!!

宗教局の紹介つながりから、もう一局の紹介です。

今回は、ハワイから放送されている、ワールドハーベストラジオ(KWHR)のベリカードです。番組内容は宗教色が強くあまり面白いと言うものではないようです。

この局に関しても、いろんな系列があり複雑ですのでネットからの説明の引用です。
以下、要約して抜粋。

「ワールド・ハーベスト・ラジオはアメリカ合衆国インディアナ州に本拠を置く宗教放送組織LeSEA(Lester Sumrall Evangelistic Association)のラジオ部門である。

※放送について!!
3つの放送局から、送信設備ごとに分けられた以下の5つの系統で短波を中心に衛星放送も行われている。

①WHRI
メーン州Greenbushからの放送。

ANGEL1 中南米・北米向け 1985年放送開始
ANGEL2 北米・ヨーロッパ向け 1987年放送開始

②KWHR
ハワイ州Naalehuからの放送。中国語(普通話)、日本語の番組も放送されている。

ANGEL3 アジア向け 1993年放送開始
ANGEL4 オセアニア向け 1997年放送開始

③WHRA
サウスカロライナ州Cypress Creekからの放送。

ANGEL5 中東・アフリカ向け 1998年放送開始

※日本語放送について!!
日本語放送はKWHRのAngel3より下記の時間帯・周波数で行われている(2007年4月現在)。


● 主の再臨に備えて(Preparing for Jesus)
放送時間(JST) 周波数
金曜日22:00-23:00 12130kHz
土曜日17:00-18:00 9930kHz
日曜日14:00-15:00 13650kHz


● 福音の宝(Gospel Treasure)
放送時間(JST) 周波数
金曜日13:30-14:00 17655kHz
土曜日18:00-18:30 9930kHz

【注意】
この局の放送スケジュールは流動的です。受信に際しましては、最新の放送スケジュールをご確認願います。


KWHR


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ベリカード | コメント:0 | トラックバック:0 |

FEBC極東放送(HLAZ)のべリカードです!!

韓国からの放送で、済州島(チェジュトウ)から放送されているキリスト系放送局が今回ご紹介するFEBC系のHLAZ極東放送です。

ベリカードの図柄もキリスト教系放送局の特徴を色濃く表わしたものとなっています。

放送局の系統が複雑で私の説明では上手く言い表せませんのでネット上から引用させていただきます。ご了承ください。

以下、要約して抜粋。
「FEBC(Far East Broadcasting Company)は、世界各地でキリスト教に関連した放送を専門に行う団体。アメリカ合衆国に本部があり、大韓民国、フィリピン、サイパン、セーシェルなどに放送局がある。各国内向けの放送も行われている。日本では日本福音同盟に加盟している。
 
 かつて沖縄にあった極東放送も、もともとはFEBCによって開設されたもので、沖縄の本土復帰に伴い(日本の放送法では宗教放送局が認められていないため)、1973年宗教放送局としての機能は韓国の済州島に移され、亜細亜放送(HLDA、現HLAZ)が開設された。

※放送時間(JST) 周波数
 21:30-22:45 1566kHz

 沖縄・極東放送で前述したように、日本の放送法では宗教放送局が認められていないため、ラジオの電波は韓国・済州島のHLAZ局の送信所から放送されている。2000年頃からラジオ番組はインターネット経由で日本FEBCからHLAZ局へ送られている。

※各局からの日本語放送
かつての日本語放送は済州のHLAZ(旧HLDA)の他にも、フィリピンのマニラ(マニラ・コーリング、後のマニラ・エコー)、アメリカのサンフランシスコ(友情の声:呼出符号KGEI)からも放送されていた。この頃は、単にFEBCというとマニラからの放送を指すことが多かった。当時、番組は全て東京のスタジオで録音され、番組テープが各局に空輸されていた。当時の放送時間(JST)は、KGEIが17時~18時、マニラが19時~20時と22時~23時(再放送)、済州のHLDA(当時)が21:30~22:30で、1日あたり合計4時間のFEBCの番組が日本宛に海外3拠点から放たれていた。

 また、フィリピン、アメリカからの放送が廃止された後の1986年ごろにはサイパン島のKFBSが日本語放送を開始したが、こちらは宗教色を控え「コンテンポラリーミュージックステーション」という音楽専門に近い内容の放送が、日本時間の夕方(当初は16:30-18:00、後に17時スタートに短縮変更された)に行われたがわずか数年で廃止された。

 また、BCLマニアの間では、ベリカード(受信確認証)がなかなか取得できない放送局の一つとしても知られていた。2日または1週間を通しての番組記録と共に、感想を添付したレポートを送らないと、ベリカードでなく「受信記念カード」が発行された。このべリカードには、日本支社発行のものと、各放送局が独自に発行するものと、2種類が存在した。各放送局への直接のレポートの場合、1回だけの聴取でもベリカードが発行され、取得が容易であった。日本支社のベリカードはシリーズベリで、送信所がある済州島の自然シリーズ・送信所シリーズ・日本支社シリーズなどあり、ベリカードと同時に「受信報告結果表」が発行される。「受信報告結果表」にある「ベリカード ○-○を発行しました。」の部分を切り取り、2日または1週間を通しての番組記録と感想を添付したレポートと「受信報告結果表」にある「ベリカード ○-○を発行しました。」の部分を一緒に送ると次のシリーズベリカードと同時に「受信報告結果表」が発行されるシステムがあり、シリーズベリカードはI-1からVI-4まで20種類あった。(I~IVは3まで、VとVIは4まである。但し、1990年のときは、I-1~II-1のべリカードの在庫がなかったため、II-2からのスタートとなった)また、イースターの時期になると「イースターベリ」が発行されることもあった。(発行基準は、シリーズベリと同じ)

宗教法人日本FEBCでは、1995年12月からベリカードの発行が中止されたが、FEBC-Korea(ソウル局)では、HLAZの受信報告に対しても引き続きベリカード(HLKXとHLAZの受信報告に対するベリカードはそれぞれ違った図柄)が発行されている。」

以上のように説明されている、放送局です。

私は、南国の島の雰囲気が好きですので、かつてBCL関連本で見たFEBCのマニラが発行していたフィリピンの田舎の農村の図柄や、ラジオ タヒチの現地の女性の図柄が書かれたベリカード探しておりますので、お持ちの方がいらっしゃいましたら是非で譲って(価格相談にて)いただければと思います。コメントにて書き込みお願い致します。


HLAZ


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ベリカード | コメント:0 | トラックバック:0 |

私のBCL用ラジオ(その2)

最近入手したBCLラジオでは、この機種(中国製のDEGEN社製で品番はDE1103)が最新です。こちらもヤフオクで新品で落札したものです。

中国製ですが小型で携帯性も良くデジタル表示とアナログを複合したような機種で実力もなかなかのものです。送信出力の大きい遠方の地域の放送局も入感しますのでBCL機としてはそこそこ楽しめます。ただ、操作方法が日本製のものと違った部分がありますので慣れるまでは少し戸惑いがあるかもしれません。

日本製のSONYの製品にもこれとよく似た機種があったように思います。最近の中国製のラジオの技術の進歩には目を見張るようなものがあります。

前回紹介したナショナルのク-ガ-101は、アナログですのでこちらのDE-1103で周波数チェックをして放送局名を割り出せたりしますので一台持っておくと便利な機種ですね!


皆様も機会がありましたら一度、入手してみてはいかがでしょうか?
但し、中国製ですので保証がないことが多いと思いますが・・!
ヤフオクでは7500~9000ぐらいで取引されている事が多いと思います。

では、その他の商品で良いものがあればまたお教え頂けましたら幸いです。

DE1103


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:0 | トラックバック:0 |

私のBCL用ラジオ(その1)

本日は、私のBCL用受信機(ラジオ)についての紹介です。

最初は、このブログを立ち上げた時にも書かせていただいたように東芝のRT-2800(通称アクタスパラボラ)と言う受信バンドが3バンドで短波帯が3.8MHz~12MHzの限られた受信範囲のラジカセからのスタートでした。

その後一時期、受験や就職の為に約15年ほど中断し、湾岸戦争の始まった頃にBCLと言う趣味を再開しました。この頃は就職もして独身でしたのである程度、懐に余裕がありましたので思い切ってSONYのデジタル式ラジオのSW-7600(当時の購入価格で4万円ちょっとだったかと思います)と言う機種を購入しました。

今までのアナログとは違って一発で周波数が解かり受信周波数も格段に広かった為のめりこんでいました。海外の日本語放送で受信が極めて困難と言われている、南米アルゼンチンのRAE(通称ラエ)を初めて受信できたのもこの時でした。

その後このSW-7600は外部端子の接点の接触が不安定になりヤフーオークション(以下ヤフオク)に出品し無事落札いただきました(現在も次のオーナー様の元で元気に動作してくれている事を祈っています)

その後2~3年ほどしてまた中断し、少し前にヤフオクでSONYのSW-30と言う安価なデジタルラジオを入手しましたが感度が私の満足するレベルにまでは達しなかった為ヤフオクで再度出品になりました。その後も何度か機種を変更しましたがここでは省略いたします。

最近になってヤフオクで程度の良いナショナルのクーガ101という機種を見つけましたので入札の競合は多かったのですが何とか無事落札できました。この機種が我が家に来て最近、再々度BCLと言う趣味が復活しました。中古品ですが全オーナー様の扱いが良かったのか、はたまたあまり使用していなかったのかはわかりませんが、感度もなかなか良く手入れも綺麗にされていましたのですこぶる調子が良く現在は大事に使用しています。スピーカーも当時の機種は大きいものが多かったのでこの機種もなかなか大きく音がいいので気に入っています。

このブログをご覧頂いている、皆様も自慢の機種があればコメントやトラックバック等でご紹介いただければと思います。

次回は、手持ちの機種で別のものをご紹介いたしたいと考えています。
では、また! 

クーガー101


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ラジオ/受信機/付属品 | コメント:2 | トラックバック:1 |

自由中国の声(VOFC)のベリカードです!!

前回は大陸側の中華人民共和国から放送されていた、北京放送のベリカード紹介でしたが今回は中華民国(台湾)からの放送の自由中国の声(Voice of Free China)略してVOFC(現在の台湾国際放送)のベリカードの紹介です。

沖縄のすぐそばの中華民国(台湾)からの放送は、北京放送の少しお堅い番組内容よりは、アットホームな感じを受けました。電波は日本とも近いと言う事でいつも良好に聞こえていた記憶があります。

受信日は、ベリカードの記録から1977年5月9日の午後8時から9時(日本時間)までで、周波数は短波放送の11745kHz(25メーターバンド)になっております。

この放送局のベリカードは、当時芸術的なものが多く貴重なコレクションになっておられる方も多いのではないでしょうか?
残念ながら、私はこの一枚しか持っておりませんが他のものをお持ちの方は、トラックバック等でご紹介いただけたらと思います。

では、今後もアジア・近隣諸国のいろんな国の放送局をご紹介いたして参りたいと思います。

VOFC


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ベリカード | コメント:0 | トラックバック:0 |

北京放送のベリカード(その2)

またまた、北京放送(現在の中国国際放送)のベリカード紹介です。
前回と違い、今回のカードは切り絵っぽい図柄になっており、いかにも中国らしい感じのベリカードです。

このカードは封筒にも入れてもらえず直接はがき形式で郵送されてきましたのでカードの裏には私の住所・氏名が書かれ最寄の郵便局の消印まで押されて汚れもありましたので少し残念な気がします。このカードには航空郵便の文字も印刷されており、もともとはがき形式の郵送用の為に用意されていたものかも知れませんね!

次回は、中華民国(台湾)から放送されていた、「自由中国の声」(VOFC)という放送局のベリカードを紹介いたしたいと思います。

北京放送(その2)


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ベリカード | コメント:0 | トラックバック:0 |

北京放送のベリカード(その1)

前回の予告どおり、今回のベリカードの紹介は、中華人民共和国の北京放送(現在は、中国国際放送)です。

この図柄は、北京放送の受信で初めて報告書を送っていただいたものです。有名な天安門広場のモチーフだと思います。私の頂いたものは写真のように橙色のものでしたが、別バージョンで図柄は一緒でバックの色がブルーのバージョンも何かのBCL雑誌で紹介されていた記憶があります。

前回紹介致しました、ラジオ韓国同様アジア圏内で近隣国と大出力の送信と長時間放送だった為、放送の受信も容易でアナウンサー様の日本語も大変聞きやすく受信報告書の返信に対しても親切でベリカード/番組表の他、非常に綺麗な切り絵まで送って下さいました。機会がありましたら、またご紹介させていただきますが、次の北京放送の第二弾のベリカード紹介も切り絵っぽいベリカードになっていますので一度見てくださいね。では。


北京放送(その1)


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ベリカード | コメント:0 | トラックバック:0 |

一番最近頂いた、KBS WORLD RADIO のベリカードです!!

ラジオ韓国(KBS)さんが、放送局名を変更されたようで現在はKBSワールドと言う名称でベリカードが送られてきました。

これは、私の手持ちのベリカードの中で現段階では最も新しく、受信日は2007年7月9日になっていますから、つい先月に受信したものです。
最近は、インターネット放送も行われていますのでパソコンから放送を聞く事もでき便利な世の中になりましたがアナログ人間の私はこつこつラジオを聞いて受信報告書を作製しています。

今回の写真の題名は「韓国のB-BOY(ビーボーイ)」と称され、「B-BOYは、アメリカの黒人達が生み出したストリート文化のうち、「ブレイクダンス」をする男子の事を呼ぶ。(女子の事はB-GIRL)韓国のB-BOY達は最近、世界の大きな大会でチャンピオンの座を総なめしながら頭角を現し、その活躍ぶりを収めた映像などはヨーロッパのB-BOY達の間では教科書とされている。新しい「韓流」のアイテムとして注目を集めている。」と解説されています。

次回は、中国の北京放送のベリカードをご紹介する予定です。お楽しみに・・・!!

KBS3


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ベリカード | コメント:0 | トラックバック:0 |

ラジオ韓国(KBS)の2枚目のベリカードです!!

2枚目に取得したラジオ韓国(KBS)のべリカードは、その翌月の1977年2月25日と記載されており、写真の説明は「農学隊」といい、祝祭日や春の種蒔き、秋の取り入れ時に行われる行事で太鼓、笛、ドラ、ラッパ等伝統的な楽器が用いられるとの解説がされています。


KBS2


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ベリカード | コメント:0 | トラックバック:0 |

受信確認証(ベリカード/QSLカード)第一号

放送局を受信して、その受信データを報告書として一定の様式に従って局に送りますと、「あなたは確かに私どもの放送を聴取してくださった」という証明カードが発行されます。いわゆる、これが「ベリカード/QSLカード」と称される受信確認証のことです。

BCLマニアの方々は、放送を受信して楽しんでおられる方もいますし、このベリカードを集めていらっしゃるコレクターの方々もいらっしゃいます。

私が中学生の頃、初めて海外の日本語放送にこの受信報告書を送りましたのが、当時の名称でラジオ韓国(KBS)さんでした。画像はその時に頂いたもので、受信日は、1977年1月28日と記載されています。これは、「金銅弥勒菩薩半跏思惟像」(国宝78号)といい、百済時代に彫刻された最も代表的な仏像であり、ソウルの国立博物館に所蔵されているそうです。

この頃は、簡単に受信できる送信出力の大きな近隣諸国(アジア、オセアニア地方)の放送局を受信していまして、まさに入門編といえましょう。

KBS1


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

ベリカード | コメント:0 | トラックバック:0 |

FC2 ブログデビューです !!

BCLという趣味との出会い:

中学生の頃、ラジカセ(東芝RT-2800)【通称アクタスパラボラ】を初めて買ってもらい音楽をカセットに録音したり、ラジオの深夜放送を聞いたりするのが私の楽しみでした。

まだ、その頃はごくごく一般の流行している歌謡曲のベストテン番組などを聞いていたりしていたのですが、たまたま雑誌の記事で海外にも日本語で放送をしている事を知り、私のラジカセ(当時は中波・短波・FMの3バンド構成の機種も多かった)で聞こえるのかと試してみたところ、近隣の諸外国(中国・韓国・朝鮮民主主義人民共和国・旧ソビエト連邦など)の日本語放送が強力に中波放送や短波放送のバンドを使用してラジオから聞こえてきて、それはそれは大変感激したものでした。

そのうち、この趣味が友人の間でも広がり、裕福な家庭の友人はBCL向け専用ラジオなるものを親から買ってもらい自慢げにしていたことを当時、私はうらやましく思ったものでした。しかし私のラジカセもなかなか健闘して遠方のヨーロッパや中近東、南米の放送局まで受信できたことを覚えています。しかしながら短波放送の周波数帯が12MHzぐらいしか受信できなかった為、やはりBCL専用ラジオを持っていた友人にはかなわないと思い、よく学校の帰りに友人宅に寄って触らせてもらってため息をついていたものでした。

その頃、私の周りで多かったのは、やはりまだアナログ式が多くSONYのスカイセンサーシリーズやナショナルのクーガシリーズでした。特例として、私の友人でお医者さんの息子さんは、BCLラジオの王様と言われるSONYの32バンド構成のワールドゾーン32(当時の販売価格32万円と記憶しています)と言う幻の機種を持っていてその堂々たる外観と機能(特に赤く光り輝く周波数デジタル表示)のすばらしさに目を奪われたものです。
夏休みには、BCL仲間が友人宅のベランダで徹夜で受信局数や、受信の困難な珍局受信を競い合ったものです。

その後、高校受験による時間の制約や進む方向の違いから、その友人達とも離れ離れになったりしてしばらくこの趣味ともかけ離れてしまった時期に突入します。
次回の更新では、その頃取得した受信確認証(ベリカード/QSLカードとも言います)についてお話いたしたいと思います。

続きを読む

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

BCL | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |